昨年の話 11月 九州 7日目 日南線

旅行:7日目

日南線:2日目

 

JR九州さんのD&S列車では、あそぼーい!とA列車で行こう以外は乗ってて、乗った中では一番好き。

f:id:stl_tomorrow:20200120104014j:image

海幸山幸は他の列車に比べて、沿線に名所的な場所が少ない。

飫肥は途中と言うよりも主要目的地だし、車内から城下町が見えるわけでもない。

他の列車の様な「車内から景色を眺める」、「下車して木造駅舎を見る」等の、楽しみの提供が難しい分、アテンダントの方々が、紙芝居や運試しで乗客をもてなして下さる。

そのおもてなしが他のD&S列車よりも、直接見えて来易いから「海幸山幸が一番好き」なんだと思ってる。

と言う事で、「海幸山幸、もう片道だけでも乗りたいなー」と言う心残りが有ったので、今回組み込んどいた。

 

JR九州さんのアプリと、その登録は結構前に済ませてて、今回の予約もアプリから実施。

例えば今日が1月20日

予約可能なのは2月19日迄。

それに加えて、1週間【事前申し込み】が可能。

申し込んでおいて、発売日が来たら自動的に抑えて貰える…発売日の10時に、アプリを立ち上げて〜とかの操作が不要。

有難いシステムだと思ってるし。

海幸山幸は結構人気が有り、今回も金曜の時点で【満席】と、みどりの窓口に表示されてたけど、普通に座りたい席は確保しといた。

今迄も「乗ろう!」と思ったD&S列車は、自分で手配分は全てアプリで取れてる。

 

宮崎駅
f:id:stl_tomorrow:20200120104451j:image

残念ながら雨。

ですが、先に書いた様に満席。

発車前の記念写真も、今迄以上の混み具合だった様な?

因みに、海幸山幸に乗るなら進行方向の左手。

窓側を1名で抑えます。

で、今回も僕のお隣はカップルさんで…お二人さんは通路を挟む事になる…ゴメンね。

窓の曇り対策も持ってたけど、流石は観光列車。

曇り止めされてるのか必要無かった。

 

南郷駅

既に西武ライオンズ色になってるらしい。
f:id:stl_tomorrow:20200120142107j:image

f:id:stl_tomorrow:20200120131537j:image

に着いたら、海幸山幸10周年記念クリアファイルを頂いた。

天気は良くないままだけど、バス移動なので気にしない。

乗るのは、チョロQみたいなバス。
f:id:stl_tomorrow:20200120132310j:image

このバス『日南めぐり号』は、海幸山幸に合わせた運行との事で、普通に日南線乗り鉄には活用し難いか?

でも、時間を合わせたら、海幸山幸の乗客じゃなくても使えるので、【港の駅めいつ】、【道の駅なんごう】で、ちゃんとした昼ご飯が食べられる。

もっと早く利用してても…だけど、以前は未だ気持ちに余裕が無かった。

この時、ちょっとしたハプニングが有って…

ハプニングその①

宮崎から海幸山幸に乗られてた、車椅子利用の…車椅子が5台と各付き添いの方で、合計10名位のお客さん。

事前に「(このバスで)車椅子利用が可能か?」を訊かれてて、返事はOKだったらしい。

ただ、多分、双方の確認がアレだったのか、このバスをノンステップバスと思われてた…みたいな?

で、バスに乗ろうとされたら、普通にステップ有るし、通常のバスより小さいし…で、「どうしよう?」となってはった。

出発の時間は来てる…ココで…普通の運転手と言うと拙いかも?だけど、運転手さんは拒否する様な言葉や、「どうするんですか!」、「もう出る時間ですけど!」等と、急かす様な発言は無かった。

他のお客さんの乗車状況(車椅子の置くスペースや、席が空いているか?)で、「行けそうです」と伝えた後で「そろそろ出る時間ですので、決めて頂けますか?」と言う感じの発言。

で、「やはり乗る!」となるや、手早く車椅子を積む手伝い。

定刻からは遅れたけど出発。

車椅子の皆さんは、【港の駅めいつ】で降りはる。

バス停に着くと、素早く車椅子を降ろす手伝い(僕も手伝う)。

混み具合から、僕はココで降りず【道の駅なんごう】迄乗る事にする。


f:id:stl_tomorrow:20200120135125j:image

途中、良い道を通った。

やはり「晴れて欲しかったかな」と思ってしまう。

f:id:stl_tomorrow:20200120135245j:image

道の駅なんごう

f:id:stl_tomorrow:20200120135351j:image

f:id:stl_tomorrow:20200120135702j:image

晴れてたら、さぞ絶景だろうと思ったけど

f:id:stl_tomorrow:20200120135554j:image

演習で油津港とかに集結中の海上自衛隊の、コレは護衛艦かな?

雨に煙る湾に碇泊?錨泊?してる姿は、晴れた時とは違った雰囲気を醸すと言うか、何か良いものを見られた気がする。

お昼も美味しく頂き、降りる前に説明を受けていたバス停へ行くと…f:id:stl_tomorrow:20200120140312j:image

バスが動かないとの事(エンジン故障)。

代行タクシーを手配して下さった事だし、もう早めに駅への戻る事にした。

その際に、漁業の景気が良かった頃とか、枕崎で見た立派なお宅とか、運転手さんとお話出来た。

駅への戻り暫くすると、さっきのバス運転手さんが別のバスで、【港の駅めいつ】で降りはった車椅子の方々を乗せ、戻って来はった。

降車のお手伝いをして…慌ただしく出て行かれた(循環バスだし)。

この日、全ての運転手さんが…と言えないのは判ってるけど…それでも宮交バスさんの印象が、コレ以上無い程に良くなった。

 

海幸山幸が来た。
f:id:stl_tomorrow:20200120141942j:image

f:id:stl_tomorrow:20200120142357j:image

南郷駅とお別れ。

帰る頃になって雲が切れ始めた。

f:id:stl_tomorrow:20200120142523j:image

 

持って無い海幸山幸グッズ購入、飫肥駅で記念写真を撮って頂きながら、通り過ぎる各駅で過ごした時を思い出していた。

あっと言う間に宮崎駅

f:id:stl_tomorrow:20200120143219j:image

戻って行く海幸山幸を見送りながら、半分泣きそうになっていた。

今回の2日間で、一応は日南線を卒業と言うか、極端な言い方だけど日南線の廃止がアナウンスされて、乗り納めをしない限りもう来る事は無い…心算で居てた。

ところが、今回を入れると計7日間。

気が付けば旅行で一番通った路線。

別れ難し…ってなる。

帰宅後、宮崎交通鉄道部の本を読んでたら、現在の日南線とは別ルートの区間が有る事を知った…興味が湧いた。

レンタサイクルか何かで、痕跡は残っていないかも?だけど、廃線跡を辿ってみたい!って気になって来た。

大昔、バイクで都井岬にも行った事が有る

また都井岬に泊まりたい。

その際、乗り鉄ではなく交通手段として、日南線を利用するのも良いかな?と。

そんな風に、日南線をもっと味わい、楽しみたいと思えたのが、今回の日南線乗り鉄で最大の収穫。