五月の雨はレンヌの野にとめどなく降る

五月の雨はレンヌの野にとめどなく降る

見た番組の感想が多くなるはず。

STL @ MIL(現地2021.9.20)

Bally SPORTS WISCONSIN

www.mlb.com

ミルウォーキー向けの放送を見るのは今季初で、昔見てた頃は…検索すると、2008年に何試合か見てる。

ただ、もっと前の分は消したので…でも、ボブ・ユッカーさんが喋ってるのが映った気もする←ミルウォーキー向けの放送ブースが映って、「彼が有名な~」とか言われてた様な?…あ、ラジオか。

そりゃあ見た事無いはずだ。

未だ現役で喋ってはるらしいので、次に見る機会が有ればラジオ音声で視聴しよう!

で、試合中には『喋るユッカー人形』の貰える日の告知が有ったのは、懐古的な事では無かったって事か、失礼しました。

 

で、テレビの方の解説者は誰よ?

Bill Schroederさんて。

www.mlb.com

当然、元野球選手だとして…

www.baseball-reference.com

なるほど。

解説に起用される元選手って、言葉は悪いけど『元スーパースター』は少ない?

全国放送になるはずのFOXやESPNは、今はスモルツさんやA-RODさんだし、以前もジョー・モーガンさんとか…FOXは誰だったっけ?

ハーシュハイザーさんかグインさんだったっけ?

記憶が曖昧だし、ブログ内検索したけど解説の事は書いてなかった。

兎も角、『地元放送局の時はスーパースターじゃない』傾向の再確認。

 

投手マッチアップが、普通にミルウォーキーの方が優位で、カージナルスが先制しても「直ぐに逆転されるじゃろ…」と思った。

実際、直ぐに2点は返して追い付いた…けども、そこからは全然。

やはり格の差的な予想をすると、先ず予想の逆になるなーて南海思い知らされてんだろ?

途中、ペラルタ選手の特性(?)として、一回り目、二回り目、三回り目の被打率が、.153→.157→.158と悪化して行かないはずなのに、勝ち越し点、追加点はカージナルス

こう言うデータも出したらアカンね。

www.mlb.com

奪三振率の話が出て、「コレが裏目に出て三振が取れず~」とかなら納得(?)だけど、普通に6回で9奪三振とか持ち味そのままだったし。

 

特筆…なのかな?

カージナルスがホームランで先制だったけど、それ以降の得点がタイムリー、犠飛、タイムリー。

確かにモリーナ選手が2本のタイムリーてのは、「ですよねー」なんだろうけど、特に劇的な感じじゃなく『普通に~』な感じだった。

この試合だけでどうこうは言えないけど、2004年、2005年に100勝+してて、そん時を思い出す様な『普通に強いな』て感じさせる空気?

実際、この試合で9連勝なんだけど、「神ってる」とかじゃない様に見えた…かな?よう分からん。

ただ、この流れでポストシーズンへ入ったら…独走チームが多いので、2004年、2005年の逆をしそうな?

 

ホワイトソックスジャイアンツを割と贔屓で見てて、どちらも好成績でのポストシーズンなので、カージナルスにやられる…色々と逆が出て来るかも。