昨年の話 10月 山陰本線 3日目 浜田〜仙崎〜幡生+下関

3日目


f:id:stl_tomorrow:20200113194336j:image

浜田駅の始発スタートで益田駅乗り継ぎ。

始発から降りると運休でエラい事になるので、車内から指咥えて眺めてた。

f:id:stl_tomorrow:20200113200612j:image

ただ、運休が無くても08:00だと開館前。

開館は09:00~なので、次の便を考えると厳しそう。

横見式を利用して他の駅と絡める感じで?


f:id:stl_tomorrow:20200113203109j:image

長門市駅で一旦、山陰本線からはお別れ。

天気は少し残念な感じで、小雨なんだけど風が強かった。

番組ではバスに上手く乗られてたけど、ボケっとしてる内に出てたっぽい。

て事で、観光船乗り場へタクシーで直接。

その日は天候がアレで、1周するコースでは無いとの事。

確か、以前に乗った筈なのよ…1周するコースのに。

ちょっと残念…
f:id:stl_tomorrow:20200113203607j:image

…いや、コース短縮は残念じゃなく当然だった。

外海側に出たら揺れる!

まぁ、大丈夫だろうけど、少し不安感を覚えたレベル。

洞門の中にも波で揺れ、危険との事で1個は入らず。

船の写真は、戻ったら撮ろ!とか思ってたのに、すっかり忘れてしまう程度にドキドキしてた(ビビり全開)。

この観光船に乗る…前だったかな?

待ち時間の間に、土産物屋さんで何個か購入/発送依頼も済ませた。

どれも美味しかったけど、特に!てのが…

f:id:stl_tomorrow:20200113213605j:image

仙崎の虎屋さんが作られてるブランデーケーキ夏みかん原樹】。

近々、母も仙崎の方へ旅行へ行くとの事で、このお菓子を買って来てくれる様に念押しといた。

 

f:id:stl_tomorrow:20200113215738j:image

続きまして、金子みすゞ記念館へ。

思ってたよりも濃いい展示で、年表コーナーをキッチリ見学するなら、それなりに時間取っといた方が良い…と、これまた母に伝えといた。

お腹空いた。

でも、うに飯だったか、うにご飯だったかな?

交差点のお店のは、ちょっと手が出ませんでしたので、観光船の横のフードコートで。


f:id:stl_tomorrow:20200113220457j:image

f:id:stl_tomorrow:20200113220541j:image

仙崎駅…閉じられたスペースが有りますね。

休日だと何かやってはるんだろうか?

とか言ってる内に列車が来た。

テレビ同様に、仙崎からそのまま山陰本線へ乗り入れる列車。f:id:stl_tomorrow:20200113221041j:image

その列車に乗って小串駅へ。

f:id:stl_tomorrow:20200113221537j:image

f:id:stl_tomorrow:20200113221706j:image

ココで降りたのは、喫茶食堂たおさんへ行く為。

吉川さんの真似ばかりしてんなーと思うけど、美味しそうだったし仕方ない。

f:id:stl_tomorrow:20200113221859j:image

戻る方向の列車に乗り…たおさんで買った、プリンとドーナツ。

スイーツ探訪!です(さっさと食べないと)。


f:id:stl_tomorrow:20200113222227j:image

と言う事で、特牛駅へ到着。

もう1線有ったんだろうけど、なんだか引き込み線ぽい部分も有るよな?

でも、帰宅後に調べたけど出て来なかった。

f:id:stl_tomorrow:20200113222323j:image

f:id:stl_tomorrow:20200113222601j:image 

f:id:stl_tomorrow:20200113222642j:image

f:id:stl_tomorrow:20200113222808j:image

特牛駅を離脱して、山陰本線の終点:幡生駅に到着。f:id:stl_tomorrow:20200113222916j:image

キロポストを探し回ったけど、見付けられなかった…あまり見たくない状態の、見たい車両を見付けたけど。


f:id:stl_tomorrow:20200113223413j:image

下関駅到着。

途中、特急ワープしちゃったけど、ココまで来られたのなら、もう少し余裕を持った行程でも良かったか?

いらちなので、つい先を急いでしまった。

駅中で晩ご飯を済ませて、ホテルへチェックイン。

お疲れ様でした…と終われない。

f:id:stl_tomorrow:20200113223804j:image

宿を決める時、「どーせなら、トレインビューなホテルが良いな」とか止めときゃ良かった。

次から次と列車が来て、気を抜くと貨物が通り過ぎる。

九州行きの夜行列車が有った時代だと、真剣に寝不足になってた。

「ホント、次の列車で止めよ!」と言う感じで、何とか切り上げた。

今後は、トレインビュー目的でホテル決めない様に!と言う、新たな教訓を得た3日目だった。