五月の雨はレンヌの野にとめどなく降る

IndyCar 2020 Rd.14 セント・ピーターズバーグ

GAORA

解説:松浦孝亮さん

リモート解説:松田秀士さん(てか別室ですね)

実況:村田晴郎さん

て事で最終戦

あっ!と言う間のシーズンでした。

その辺の事は、また別の機会にするとして…でも番組はスタート30分前から開始し、それ迄はトークになるらしいのでそんな話も出るだろうから、ココでする事になるかも知れない。

少し見てた前座のUSF2000とIndyPro2000。

あとスタート時点では一応は晴れてた…でも予報では午後から崩れる(サンダーストーム?)て事なので、最後迄晴れだと良いですが。

 

ピットウィンドウ 〜30周(と出たけどロッシは35周迄引っ張れた)

f:id:stl_tomorrow:20200902204438j:plain
f:id:stl_tomorrow:20200902204414j:plain
左:Googleマップ,右:Wikipedia より

Σ(゚д゚lll)ガーン!

予約間違えてた…結構前から予約してて、その時のEPGは04:00〜だった。

で、普通に枠で予約すると延長時に録画が切れるので(インディ500は天野さんが喋ってる途中で録画が終わってた)、時間で予約にしたら…放送が早まる側だと、こう言う事になってしまう。

コレ、解決しなきゃな…でも3時から放送とかツイートで見たな…。

幸い、万一に備え再放送分も予約してたので、そっちを見るけど…放送開始1時間迄で、カットされてる分が有ると悲しいね。

 

ダブルポイントなら、4,5人にタイトルの可能性だと。

良かったよ、ダブルポイント無くて。

1戦の価値を壊すダブルポイントには大反対!

但し、インディ500だけはダブルポイントにすべき。

ガナッシ対ペンスキーと言う『チーム対決』も…要らなーい。

 

現地NBC放送枠の所為で、国歌独唱、フライバイ?フライパス?もSound Only。

つか、マスクして陽射しに目を細めた天野さんて、某フジ系列のF1解説の人みたい。

 

松浦さんが言われてる、アウトに当ててしまい易いのはターン⑨かな?

IndyProやUSFでも滑ってるシーンが結構有った(アウト側DHL広告が途切れて、直ぐに有るカメラが映してた)。

 

確かにマルロクリンて読めません。

今回、こうして番組で言って下さったので、GAORAさんに合わせます←「どう書こうかな?」と悩んでた。

あー、V8スーパーカーの頃に、F1の前座として紹介されてましたね。

今はV8じゃなくても良くなった…んだっけ?

 

松田さんは、最終戦のダブルポイントとか独走防止でイエロー出ないかな?とか、ちょっと嗜好が合わないですね。

否定はしませんけど、最終戦ダブルポイントは反対です!

 

フェルッチか。

ハンターレイとスタート位置が近いので、ターン①で絡むと思ったんですが何事も無かったっすね。

 

インディカーの高齢化?

フィッティパルディさんて、最後の優勝は何歳だったっけ?

50歳くらいじゃなかった?

1993年、インディ500優勝。

1995年がシリーズ戦での最後の優勝。

1946年生まれなので…最後の優勝は49歳か。

 

25周の時点で、ニューガーデン陣営は2ストップ作戦…と言いながら29周目に入ったらしい。

 

パワーとニューガーデンもヤバかったのね。

その前、同じターン④でローゼンクイストとフェルッチが当たり、ローゼンクイストはタイヤ切っちゃってた。

ソレがニューガーデンに出てたら…ですね。

 

100万ドルの補助金は『チーム』にじゃなくて、『その車』に対して出るんじゃないんですかね?…結果的には同じ事ですけど。

 

ヒンチさんは来季未定?

てっきりアンドレッティさんのトコで、走れるんもんだと思ってた。

松浦さんの言われる様に、良いドライバーですよね。

プッと来て予選一発タイムも出せるし…決勝は…?

 

ディクソンは「ニューガーデンが作戦」。

松浦さん名言いただきました!

そう言う状況で最終戦に来たって事ですね。

 

次回、武藤さんが解説の時には、「マルコ太ったなー」としみじみ言われるんじゃないスか?

て、雨じゃん!

予報正しいな!!

このフルコースコーションは、対マルコで佐藤がペナルティで最後尾へ(ノーコメント)。

で、リスタートでニューガーデンがトップへ!

直ぐにアスキューが刺さって再度フルコース…当てたのは…佐藤。

 

ペースカーがガス欠!?

コンスコン少将ばりにズリ落ちるわ。

 

松浦さんが言われてた様に、オワードってリスタート直後はニューガーデンに付いて行けたけど、温まると離されてってた。

ディクソンも追い掛けて来ない状況だったし。

あと一歩、詰められないまま、シーズンを終えちゃったな。

この一歩がデカいんだろうけど。

レース後、ニューガーデンが褒めてくれてたけど、未だ上からかなー?ですし。

早く彼から、脅威と思われる様になって欲しい。

 

ブルデイはデンジャラス系…確かにですね。

他、ハンターレイ、フェルッチ…佐藤氏もですね。

何か嫌なのは、佐藤氏が当てられたらワーワー!言うのに、当てた時は触れない方向なのがね…まー、悩んでたけどBlu-rayは要らないかな。

 

ディクソン選手、おめでとうございます!でした。

パト選手も頑張りました。

来季、初優勝を待っています。

で、ニューガーデン選手。

今迄、そんな好きじゃなかった。

速いし、堅実だし、男前だし、背ぇ高いし、チャンピオンだし、…もう一度…男前だし。

でも、終盤の追い上げは素晴らしかった。

結果は叶わなかったけど、レースで一番解り易い教訓の諦めないって事を、見せてくれたなーって感謝しています。

 

ディクソンのチームメイトに恵まれない話。

コレまた松浦さんの言う通りで、その辺のチームからの期待外れな空気をローゼンクイストは感じ、逃げるわけじゃない…けど、契約が残ってた云々だけど、マクラーレンなら歓迎してくれるかな?…の移籍かな?と。

 

〆に松田さんが言われてた様に、選手や関係者に感染者を出さず、シーズンを完遂出来た事は素晴らしかった。

個人的にも、こんな状況下でレースを見せて下さった事に感謝したい。

その辺は、また改めて書かなきゃな。

酷い年だったけど、素晴らしいシーズンでした。

 

解説陣をお呼びして、総集編みたいな番組が有る事を期待しています。